伸び縮み

くうは丸まって寝ることが多いのですが、そんなに小さくなるのか!と驚くぐらいキュッとなります。 そしてふとした瞬間、不思議な形に伸びます。 なんだかゴマフアザラシみたいです。 来たばかりの頃はこんな大きな生き物と暮らすのか…とちょっとだけ引きました。 もう慣れましたが!

春咲

今日は空気がとても冷たかったですが福寿草がひょっこり顔を出して咲き始め、春がそこまで来ていると感じました。 informationでもお知らせしていますが3月10日~4月1日、長野県安曇野市のギャラリー・シュタイネにて開催される「春咲 harusaki」展に有吉が出品します。 長い冬の間コツコツと、只今追い込みで制作しています。

新入りの犬のくうがやってきて、不安な日々を過ごしていた猫のチャー。 くうが落ち着いてくると私達人間も余裕が出てきて、さらにチャーも余裕が出てきました。 押し入れに隠れていたチャーは少しずつ自分の存在をくうに見せるようになり、最初は吠えたくうもクンクンいうだけになってきました。 チャーの領域とくうの領域の壁が取り除かれる日が来ることを願っています。 仕切りの壁はくうには軽々飛び越えられるのですが、越えてはいけないということを覚えました。

新しい仲間

犬のそらが逝ってしまって3ヶ月が経ちました。 別れは言葉では言い表せないほどの辛いものでしたが、そらと過ごした日々はかけがえのないものだったと改めて感じました。 やっぱり犬ともう一度暮らしたいという思いから先週、保健所に保護された犬を迎えに行ってきました。 おそらく、そらと同じく猟犬として飼われていたであろうと思われます。 山で迷ってしまったまま置いて行かれたのか、飼い主も現れず、里親募集の譲渡犬としてHPに載っていました。 全国にそのような犬や猫が沢山います。 家に連れて帰って1週間が経ちました。 日々、新しい環境に慣れて活き活きと動き回る姿を見ていると、こちらまで生きる力を貰っていることに気が付きます。 「空=くう」と名付けました。 会いにいらしてくださいね。

ヒヤシンス

水栽培のヒヤシンスが咲きました。 つぼみがひとつが開くと部屋の中が香るようになり、存在があらわになります。 地中に埋めた球根は凍った地面の中でまだまだ眠って春が来るのを待っているのでしょうか。 春になって会うのが楽しみです。

Recent Posts
Archive

blog