犬を迎えた日

くうを保健所に迎えに行って早いもので4年が経ちました。

当時の手帳を読み返すと、日々トイレの成功に一喜一憂していたことを思い出しました。


初めて先代犬のそらを迎える時はワクワクと楽しみしかなかった気がします。


くうを迎える時は楽しみだけでなく、大切な存在を失う怖さやどうしようもないやりきれなさや色々な気持ちが混ざり合っていました。


新しい暮らしに戸惑いながら馴染んでいく、くうの姿に励まされた日々でした。


うちに来てくれてありがとう(一方的に連れてきたけれど)という気持ちでいっぱいです。






Recent Posts
Archive