映画の話

映画は映画館の大きなスクリーンで数時間の上映を浮世のことから離れて没頭して観るのが最高だと思うのです。

しかしながら、街から離れた暮らしではそれはなかなか叶いません。

ほとんど予備知識が無く、たまたま観た映画がすごく心に響いたものだったらとても幸せです。

今はタイトルを調べればあらすじが解ってしまうけど新鮮な驚きを楽しみにしたいのでなるべく見ないようにしています。

でも本当のところはあらすじで全てが解ってしまう映画など無いのだと思います。

ストーリーの面白さが重要な鍵を握るものはもちろんありますが、大事なものはその

上映時間にぎゅっと入っていて、全てを堪能してこそ味わうことが出来るように思います。

感覚が似ている人に「この映画いいよ」とだけ言われてタイトルをメモに書き、いつか観る日を楽しみにしています。

今回の「キネマの展示《第2幕》於シュタイネ座」でも又、見たい映画を仕入れたのでメモに書きました…

Recent Posts
Archive