かるみれんげ

カレーのお店を始めるにあたって、お皿を注文してくださったMさん。

1年前のことでした。

廃墟をこつこつ直して昨年11月にOPENされました。

改装の途中経過を聞くと大変そうで大丈夫だろうか…と心配になるくらいでした。

今日、行ってきました。

一歩中に入ると、Mさんの作り上げた心地よい空間にほっとします。

そし肝心のカレーはスパイスの効いた奥深い味のカレーでした。

添えられた箸休め的存在のアチャール(酢漬けの野菜)等々は少しずつ種類が増えてきたというサービス精神。

お皿も「不思議と合っているでしょ?」とMさん。

合っています!とても!

サバサバしていて繊細な心遣いのMさんらしいお店でした。

食後にチャイとレアチーズケーキをいただき、お腹も心も大満足になりました。

ちなみに店名の「かるみれんげ」はヒンディー語で「また明日ね!」

場所は白州町の20号沿い。

外観は廃墟感に一瞬ひるむかもしれませんが、迷わず扉を開けてください!

帰り道の空。

今日も綺麗でした。冬の空はいいですね。

Recent Posts
Archive