ウスタビガの繭

February 27, 2020

散歩中、枯れ色の中に若葉のような黄緑色が目に入り、足を止めました。

ふっくらとした形で何かの繭のようでした。

しっかりとした糸で野バラの枝に括り付けられています。

 

後程調べると「薄手火蛾=ウスタビガ」という蛾の繭だと分かりました。

 6月ごろ繭を作り、晩秋に羽化をするらしいので、この季節の繭は抜け殻のようです。

繭の下方についている粒々は羽化した蛾が産み付けた卵のようで、この卵がかえるのは春。

 

成虫の蛾の写真を見ると、夜に玄関灯に集まる蛾の中に見たことがある姿でした。

今度見かけた時には、若葉色の繭から出てくることを思い出してみたいと思います。

 

 

 

Please reload

Recent Posts

March 21, 2020

March 7, 2020

February 27, 2020

February 4, 2020

Please reload

Archive
Please reload