May 25, 2020

種を植えて7年くらいたったでしょうか。

人の背を追い越して、屋根にまで届く高さに成長したポポーの木。

今年は7つ蕾をつけました。

ワインレッドの花は清楚で美しい。

しかし、花が散るころには落ちてしまい、なかなか実がなりません。

ねっとりとして芳香を放つ南国のフルーツのようなポポーの果実。

今年も収穫は無理そうかな……

May 15, 2020

昨日は南アルプスを臨む水田を散歩しました。

田植えが始まっていました。

水田の上を風が吹き渡り、冷たくて心地よい空気が流れていました。

なんて美しい季節なのだろうか……

本来ならば東京で作品展の初日を迎えていました。

まるで時が止まったかのようです。

May 4, 2020

 あれよあれよという間に満開の時期は過ぎてしまって散り始めました。

花弁が散った後の種の成長もとてもステキです。

May 2, 2020

先日、沖縄の島ラッキョウを入手し塩漬けにしました。

ピリッとした辛みとこりこりの食感が美味しく、これはいいな~といただきました。

その時「なんだかノビルに似ているな」と思い、うちの周りに自然に生えているノビルでも作ろうと掘り起こしました。

ノビルは茎が細く途中で切れてしまいやすいので、丁寧に掘り起こさないと球根を土中に残したまま行方が分からなくなってしまいます。

その時すぐそばに生えている浅葱も掘り起こしてみると、なんと球根が島らっきょうにとても似ています。

浅葱は緑の部分を薬味にするくらいしか使ったことがありませんでした。

早速調べてみると、...

April 6, 2020

5月中旬に予定していました東京、西荻での作品展に向け、日々制作に励んでいましたが、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を鑑み中止することにしました。

気に掛けて下さった皆様、残念なお知らせで申し訳ありません。

又来年、笑顔でお会いできる日が来ることを切に願っています。

どうぞ皆様、心身共に健康にお過ごし下さい。

私達は与えられた時間を、制作に捧げて皆様のお手元に真心込めた作品をお届けできるよう精進していきたいと思っています。

 今朝、庭に来ていたルリビタキです。ピンボケですが少し嬉しかったので。

April 2, 2020

およそ1ヶ月前に芽が出た「バイモ」ですが、花の蕾が膨らんできました。

先日は雪の重みで倒れるかと心配しましたが、みんなで寄り添ってしのいでくれました。

昨年は3本の芽に花が付きましたが、今年は沢山増えました。

花が咲くまでもう一息。

今日は風が冷たいです。

March 21, 2020

ここのところの暖かい陽気に誘われてミツマタの花が開き始めました。

花に顔を寄せると微かに甘い香りがします。

枯れ色の庭に黄色がポンポンと明るくなってきました。

March 7, 2020

地中から積もった枯れ葉を突き破り、新芽が出てきました。

まだ寒い日もありますが、春の兆しを感じます。

貝母=バイモのクリーム色の花が咲くのは4~5月です。

February 27, 2020

散歩中、枯れ色の中に若葉のような黄緑色が目に入り、足を止めました。

ふっくらとした形で何かの繭のようでした。

しっかりとした糸で野バラの枝に括り付けられています。

後程調べると「薄手火蛾=ウスタビガ」という蛾の繭だと分かりました。

 6月ごろ繭を作り、晩秋に羽化をするらしいので、この季節の繭は抜け殻のようです。

繭の下方についている粒々は羽化した蛾が産み付けた卵のようで、この卵がかえるのは春。

成虫の蛾の写真を見ると、夜に玄関灯に集まる蛾の中に見たことがある姿でした。

今度見かけた時には、若葉色の繭から出てくることを思い出してみたいと思います。

February 15, 2020

現在進行中のクラウドファンディングの「ガンドックレスキューCACI」さんに当工房を紹介いただきました。

あまり、身の周りで猟犬を見かける機会は無いでしょうからピンとこないかもしれません。

しかし日本全国で猟犬として使われた犬の遺棄が多数あります。

私達は2年前に先代犬を失くした後、いわゆるペットロスで何をしても哀しくてしょうが無い時期がありました。

犬の姿が恋しくて彷徨っているその時期にCACIさんのホームページにたどり着きました。先代犬そらもおそらく元猟犬でしたのでその面影を探していたのかもしれません。

捨てられて、ボロボロだった犬が殺処分...

Please reload

Recent Posts

May 25, 2020

May 15, 2020

May 4, 2020

May 2, 2020

Please reload

Archive
Please reload