iro-iro


StartFragmentとある住宅街の片隅に屋台が立ちます。 モッコウバラに囲まれて凛と立たずむ屋台には店主がチクチク、コツコツ作り続けてきたリネンのポットマット、バスク地方の布のトートバック、ピンクッションなどの布小物。 そして店主が目に留めた作り手の顔が見える手仕事の数々。 レース編み、くるみボタン、手描きのバック、多肉植物鉢、木のオブジェ、ドライフラワーのリース、newspaperbag、野菜のピクルス、糠ふりかけ、フキン、世界のおみやげ… そこにガラスのオーナメント、ハウスオブジェで加わります。 場所は東京都小平市。お近くでしたら 地図をもとに探してみてください。 雨の時はリビングで開催されるとか。

EndFragment

Recent Posts
Archive